母の里へ 再び

ciao !!

先日 母方のおばあちゃんが 亡くなり母の里へ行きました

この辺りは お通夜 お葬式を 家でやります

久しぶりの親戚 いとこ達との再会 

母の里は 山の奥にあります


お葬式が終わり お寺へお参り後 少し時間があったので周りをいとこ達と散策

初めて お寺より上を上がってみました 
b0249310_18213080.jpg


棚田 ああ~~ デジカメ持って来ればよかった

子供の頃は ここの良さわからなかった

お宮サンには大きな杉の木 杉の枯れ葉こんなにきれいやったかな 005.gif

b0249310_19185138.jpg


棚田のために作られたのかな 川 or 水路 ?? 思わず足延ばしたくなるなぁ 071.gif

ずっと 上から流れています

b0249310_19361355.jpg


草??? いや違う ミントの葉 こんなにたくさん 043.gif

う~~~ン 016.gif いい香り ミントティー 飲みたいなぁ 063.gif

b0249310_19392879.jpg


散策して見つけました 

この辺り 棚田を体験できるのです

b0249310_1942443.jpg


でっ?? 005.gif

母の里も 民宿いつの間にかやってたんです

只今 喪中でお休みですが 落ち着いたら再開してほしいです

イタリアにも 農家の馬小屋を改装されて 体験して泊まれるシステムがあります

皆さんも 山の中で スローライフ楽しんでみて下さい 癒されますよ
by blue555green | 2012-10-23 18:21 | 自然&風景 | Comments(0)

田舎へ 里帰り 

Ciao !

先日 びわ湖のほとりにある(ちょっといい言い方)実家へ里帰りしました

ここも随分変わった 子供の頃は 小さな船が停めてあって

青井と言う 名字の家が多く 川の名前も 青井川 037.gif

b0249310_2353252.jpg


以前NHKのTV「家族に乾杯」で 鶴瓶と西川きよしさん来られ 

実家へもきよし師匠来られ びっくりやったみたいですよ

歩いてすぐびわ湖 夏は 波の音が心地いいんです

向こう岸に 見えるのは 彦根....

大津の花火は 見れないが 彦根の花火は 小ちゃく見えます
b0249310_039536.jpg



午後から 両親とおばちゃん (母の妹) 4人で 隣町の母の里へ  

今回 久しぶりに おばちゃんに会いに行きました

おばちゃんは 98歳 寝たっきりなんですが 自分ではって出て来てくれ

ホントにひと回りもふた回りも 小さくなってました 007.gif 002.gif

優しいおばあちゃんが 子供の頃から大好き 

いつも優しく介護してくれてる おばちゃん おっちゃん「ありがとうございます」



実は 弟の次女 中3の姪っ子が 寝たっきりの大ばあちゃんへと小学生の頃から 

手紙書いてくれています これは 頭が下がります 優しい子やなぁ 

「ありがとう つっちゃん」 043.gif040.gif

おばあちゃんは 喜んで楽しみにしています 

こんなかわいい気持ち 私も見習わないと



母の里は 山にあります 畑 (はたと言います) 

畑の棚田は 最近風景が有名になって...カメラ持っていろんな人が 訪れ
b0249310_0445030.jpg

イタリアのトスカーナ州の田舎好きなのは ここに似てるからなぁ

杉の木かな 緑いっぱいです 
b0249310_1133477.jpg

すぐ上に田んぼがある お庭 
b0249310_1152366.jpg

つつじの季節は ものすごくきれいなんですよ 大好きな場所

子供の頃 よくごはん コイにあげてた なつかしいなぁ... 
b0249310_120499.jpg

家の前は 山ならでは 急な坂ここまだ序の口 車の運転技術必要ですね  
b0249310_1172527.jpg

山なんで 緑いっぱいで涼しいし 川の水が 冷たくて気持ちいい 

畑(はた) は やっぱ癒される 写真撮ったの はじめてかな 

おばあちゃんにも会えたし 

帰る時に寝たまま おばあちゃんに「ありがとう」言われ 

.....涙出そうでした 002.gif 又来るね


最近では この地域 都会の方が 民家買って移り住んでるとか

喫茶店がもうすぐ出来るみたいです 063.gif

滋賀の湖西にこんないい場所あるんですよ
by blue555green | 2012-08-22 01:43 | 自然&風景 | Comments(4)

Keiko Aoi 青井ケイコ の BLOG ☆☆ イラスト&写真の無断使用を禁止致します ☆☆  All rights reserved       


by Keiko Aoi